トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 


  [起業でGO! 第10回] 会社を設立しよう(最終回)




 








  事業がある程度軌道に乗ってきたら、会社を設立しようかなと思うのではないでしょうか。
  例えば株式会社になれば、起業家として成長したと思えるかもしれませんし、会社にならないと一人前でない気がするかもしれません。ただ、実際には個人事業のままやっていく人もいます。
 それではなぜ法人化するのでしょうか。
 法人でも株式会社以外に、NPO法人、合同会社(LLC)などもありますが、ここでは株式会社を例に説明します(有限会社は新設できません)。

株式会社を設立するメリット
  株式会社を設立するメリットは主に次のようなものです。

  @社会的信用が増す
   これは誰もがまずイメージすることではないかと思います。
   営業活動や資金の借入、人材募集に有利な場合もあるでしょう。
   ただ個人事業だと信用がないかというとそうとも言い切れません。
   現在は資本金の下限がなくなり、会社を設立しやすくなった分、
   信用もそれなりになっているではないでしょうか。

  A有限責任である
   個人事業では、事業に万一のことがあると個人の全財産で弁済しない
   といけません。
   一方、株式会社の場合は、会社への出資分だけの責任で、責任が個
   人の資産にまでは及びません。ただし、代表者等が取引の際に連帯保
   証人になることが多く、その場合には弁済の責任がかかってきます。

  B税務面で有利な場合がある
   個人事業の場合は事業所得の全額が課税対象ですが、法人の場合
   は経営者の給与分などを経費として計上できます。資本金1000万円
   未満なら2年間消費税が免除されます。
   他にもいろいろな制度がありますので、調べてみてください。
   ただし、赤字でも7万円の法人住民税は必ず納めなくてはいけません。
  これ以外にも様々なメリットがあります。

株式会社を設立するデメリット
  では、株式会社を設立するデメリットは何でしょうか。

 @会社設立に手間とお金がかかる
   会社設立には意外と手間とお金がかかります。まず定款の認証に約
   9万2,000円(電子認証なら約5万2,000円)、登録免許税に15万円が  少なくともかかります。自分ですれば良いのですが、手続きを専門家に
   手伝ってもらえば、その費用もかかります。
   資本金も必要です。
  A事務負担が増える
   法人の場合、会計書類や決算書類の作成が煩雑であったり、労働保
   険、社会保険などの手続き業務が増えます。
  B何か変更があるたびに登記の必要がある
   所在地の移転や事業内容の変更・追加、役員の変更など、会社に変
   更があるたびに変更登記をしなければなりません。 
   取締役や監査役の任期は最長10年で、定期的に変更の必要があり
   ます。

  また、メリットともデメリットともいい切れませんが、社会保険(政府管掌
  の健康保険・厚生年金)への加入が義務づけられます。
   一度法人化すると、やめるには面倒な手続きがいります。メリット、デメ
  リットをよく考えて、法人化するかどうか決定して下さい。

法人化の手続き
  それでは、法人化するにはどんな手続きがあるのでしょうか。

  1.商業・法人登記
   まず法務局に会社設立を届け出る必要があります。
  商号、会社の目的、事業内容、役員、事業所の所在地、営業年度、資
  本金額、会社の発起人(株主)、会社の印鑑などを記載した「定款」など
  を届け出ないといけません。もちろん事前に関係者と調整したり、資金
  を準備する必要があります。この際、代表者印や会社印を作成すること
  が多いでしょう。
   事業内容については、記載されていない事業には取り組めず、変更
  する場合には変更登記の必要があるため、将来行う可能性のある事業
  は入れておいた方が良いです。逆に入れてある事業だからといってやら
  なければならないわけではありません。

  2.税務署・市町村役場等への届け出
   税務署に法人設立届出書など、都道府県税事務所にも事業開始等
  申告書の届け出が必要です。市町村役場にも法人設立・設置届出書を
  提出します。
  それぞれ定められた期限がありますのでご注意下さい。

  3.社会保険関係の届け出
    社会保険事務所に健康保険、厚生年金保険の書類を提出します。
    公共職業安定所(ハローワーク)には雇用保険の書類を提出します。
    労働基準監督署にも労災保険や労働保険に関する書類を提出しま
    す。
    スムーズに手続きが進められるように準備をしましょう。

   めでたく法人化できたら、早めに関係者の皆さんにお知らせするのも
   お忘れなく。

起業家の先輩の体験談
 CJIBOX(株)井関代表の体験談)
  「名刺に株式会社と入れました。責任も増えましたが、
  信用もアップし、行動範囲やお会いする顔ぶれも広がり、
  次の目標は社長としてのブランディングかな。」

  ((株)アイワークス横山代表の体験談)

  「登記の実務等を完全に人任せにしていたので、定義やルールが
  よく理解されないままになってしまいました。会社にした瞬間から、
  自分で創っても自分のものではない『公の器』になるということで、
  守らないといけないルールがたくさんありますが、最初はそれを
  あまり理解できていませんでした」

 とよなか起業・チャレンジセンターでは、法人化に関するご相談にも応じます。

  起業でGO!は今回で最終回ですが、事業はまだ始まったばかりで、この後も人を雇ったり、知的財産権を申請したり、各種認証を取ったりと様々なことがあります。

  これまで紹介してきたことはほんの基本的なことですので、みなさん自身でよく調べられて、事業を成功させて下さい。とよなか起業・チャレンジセンターでも随時起業相談に応じています。

  起業でGO!をお読みいただき、ありがとうございました。


前回 < 目次 >     

(マンガ制作)株式会社画屋
●起業やこの企画に関するご相談、ご質問は

 連絡先:とよなか起業・チャレンジセンター
  〒560-0033 豊中市蛍池中町3-9-20
  電話:06-6840-1955(窓口営業時間10〜18時)
 

 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク