トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 


  [起業でGO! 第9回] 資金を確保しよう




 








  前回は営業の話でしたが、今回は起業家のほとんどが悩み、その心配から解放されたいと思う資金の話です。

資金をどう確保するか
  事業を始めた時点では、よほど大きな事業でない限り、自己資金で始められることが多いと思います。家族や親戚から出資してもらう人もいるでしょう。しかし、そうたびたびはできません。
  補助金が使えないかと考えることもあるかもしれません。もちろん使えるなら使っていただければ良いのですが、半額は自前で用意しなければならなかったり、枠が小さかったり、逆に大きすぎたり、万能ではありません。
  お金を借りるといえば銀行でしょう。ただ、創業間もない企業は信用がありませんので、銀行からお金を借りるのは簡単ではありません。直接、窓口を訪ねても断られることが多くて、誰かの紹介で訪問した方が良いようです。
  起業家にとって比較的敷居の低いのは、政府系金融機関の日本政策金融公庫(こくきん)などです。

資金を借りるのに必要なこと
  お金を貸してくださいといって、当然ながら、ぽんと貸してくれるものではありません。
  必ず返せるということを納得してもらわなくてはいけません。そのために、事業計画書や担保、創業1年を経過している企業なら決算書が必要です。

資金繰りを考える
  お金を借りるときに考えておかないといけないのは、資金繰りを考えることです。月々の返済と支出、収入の見込みを考え、いつ資金が不足しそうか把握しておかないといけません。急いでお金を借りようと思ってもすぐには貸してもらえないので、余裕をもって資金調達の計画を立てる必要があります。必要以上に多く借りないことも大切です。
  注意すべきは事業が急に拡大するときで、支払いが先行しますので、せっかく事業がうまくいっているのに資金が足りなくなって倒産ということもありえます。

起業家の先輩の体験談
  (木島さんの体験談)

  「銀行の融資を受けたのですが、融資がOKになるまで、借りられるか借りられないか、融資金額の不安が大きかったです。仕入れが先なので、融資が決まらないと仕入れの発注やその後の行動が決まらないのに困りました。」

 とよなか起業・チャレンジセンターでは、資金に関するセミナーも開催しています。
  また、事業が有望であれば、金融機関を紹介できることもありますので、ご相談ください。





 




前回 < 目次 > 次回

(マンガ制作)株式会社画屋
●起業やこの企画に関するご相談、ご質問は

 連絡先:とよなか起業・チャレンジセンター
  〒560-0033 豊中市蛍池中町3-9-20
  電話:06-6840-1955(窓口営業時間10〜18時)
 

 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク