<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

 [企業訪問] 株式会社 成蹊食品

トップ > 企業訪問 > seikei

 

  天然素材へのこだわり
                                   (株)成蹊食品 社長 渕上晃さん



唐辛子を選別中の渕上社長

「食という字は、人を良くすると書きます」

成蹊食品の社長、渕上さんの名刺にはそうかかれています。
また製品には「恕味成蹊(じょみせいけい)」という言葉が書かれています。

「恕味」というのは、渕上社長の創作熟語らしいのですが、
人に感謝(慈しみ)・物に感謝(慈しみ)・味に慈しむという意味があるそうです。

それに徳のあるところには自然と人が集まってくるたとえの「成蹊」を合わせて「恕味成蹊(じょみせいけい)」というのが会社理念とのこと。
「食を商いの糧とし社会に貢献し、多くの人たちとの交わりの中精進していきたい」というのが渕上社長の想いです。

 

●従業員を喜ばせたいから始まった

長年、機械金属の会社に勤務。60人もの従業員がいる工場長をしていたのが昭和48年、32歳のころでした。
高度経済成長真っ只中で、いくらでも仕事がある時代。従業員に気持ちよく仕事をしてもらうために、元々料理好きだった渕上さんが、残業で遅くなっても手軽に料理ができるようにと作った「濃縮だし醤油」を全員に配ったそうです。それが好評だったことで、新たな仕事を、と考えたときにこれを商品化しようと思われたのでした。

趣味でいつも作っていたとは言え、事業となると販路はもちろん仕入先のあてさえもない状況からの出発。これが平成8年のことです。用意した資本金もあっという間に底をつき、かなり苦しい状況になったとおっしゃいます。天然素材にこだわり、良いものだと分かってくれる人だけに販売するという徹底的なこだわりが、少しずつ認められて口コミで広がり現在に至っています。テレビの料理番組に出るような料理家などが顧客としていらっしゃるそうですよ。

商品にはこの「千成だし」のほか「千成ゆずぽん」「柚子ごしゅう」(柚子ごしゅうとは佐賀の方言で柚子こしょうの意)などがあります。
柚子こしょうというと青いものが一般的ですが、佐賀では赤唐辛子を使うそうです。この唐辛子も、自ら品種改良をされる程のこだわりです。

今回取材にお邪魔した際もちょうどその赤唐辛子の選別をされているところでした。
真っ赤に色づいた唐辛子の良いものだけを使う。
辛味・香り・風味が違うとのこと。私には分かりませんでしたが、取材に同行した食育研究家の横地さんには分かったようです。さすがですね。
また、上手に調味料を活用していただくために、料理レシピも作られています。この数量がとても細かくて、例えば炊き込みご飯の場合、米560gに対して千成だし61t、水551cc……と書いてあります。
かなり研究熱心な社長だと思われます。

顧客の中心は関東で、ほとんどがダイレクトな販売とのこと。しかも電話注文でしか受け付けてないために、インターネットで検索すると「どこで売っているのでしょうか?」という質問が出てくるくらいです。しかし今後は高級スーパーへの卸売りも決まったとのことで、手に入れやすくなるかもしれませんね。
天然素材を原材料にした成蹊食品のこだわりの調味料、ぜひ一度お試しください。

今回の取材に快く応じてくださった渕上社長、ありがとうございました。今後も人を喜ばせる美味しい調味料を作り続けてください。

                              2008.8.20 奥田

主力商品 だし醤油・ポン酢醤油




新商品 昆布塩




 株式会社成蹊食品
 豊中市千成町2-2-38
 TEL:06-6331-6640
 FAX:06-6331-6687
 (代表取締役社長 渕上晃氏)




●起業家の目:きっちんすまいる 横地多実子さん


豊中市内の企業訪問の第1回目は、こだわりの調味料を製造販売されている(株)成蹊食品さん。
同じ食に関わる者として、インキュベーションマネージャーに同行し、お話しを伺いました。

成蹊食品さんの社訓は『恕味成蹊(じょみせいけい)』
・・・人に感謝(慈しみ)・物に感謝(慈しみ)・味に慈しむことが成功への道である
という意味だそうです。
私自身が料理教室のレッスンでお伝えしている「感謝の心」と通じるお話しに、大変感銘を受けました。

製造されている「濃縮だし醤油」や「ゆずポン」は天然素材のみを使用。
原材料のしょうゆ・塩も、素材の良さを生かす味にこだわって選んでおられます。
この部分も、きっちんすまいるのこだわりと通じる部分です。

「柚子ごしゅう」に使われている赤唐辛子は、
契約農家の方に特別に栽培してもらっている成蹊食品さんのオリジナル品種。
唐辛子までオリジナル品種をこしらえてしまう思い入れの深さにとても驚きました。

他に渕上社長が、培われた人の心を掴む営業の極意や、人脈形成の方法、
料理の価値評価の公式など、大変有益な情報をご教示いただきました。
きっちんすまいるを発展させていく上で、ぜひ参考にさせていただきたいと思っております。

快くお話しを聞かせてくださった(株)成蹊食品の渕上社長様には大変感謝しております。
誠にありがとうございました。

ブログに当日の様子をレポートしています。是非ご覧下さい。

http://kitchensmile.osakazine.net/e122226.html

                    2008.08.20 きっちんすまいる 横地多実子

 料理教室 きっちんすまいる
  >>ホームページ
  >>ブログ「きっちんすまいる(料理教室)」
  >>入居者紹介

 

 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク