<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

  【豊中市内の市民活動・CB紹介】 千里竹の会

トップ > 豊中市内の市民活動・CB紹介 > 千里竹の会

 

千里の緑地を自分たちで管理し、守れるようにしていきたい

                         武藤正治さん/千里竹の会代表


千里竹の会の活動は豊中市から吹田市に広がる竹林の中。「美しい千里の竹林をつくろう」との呼びかけに、週2〜3回の頻度で活動を行っています。「面白そうで楽しそうだな?と思ったのがきっかけですね」と語るのは代表の武藤さん。竹林の間伐を行う他、竹加工品を作成し、その普及につとめています。



代表の武藤正治さん

竹林を甦らせよう

武藤さんが竹の会の活動に参加するようになったのは3年前。友人のひとりが「竹薮になっている竹林を甦らせよう」との趣旨で「”千里竹の会”を立ち上げるので、一緒にやりませんか?」といの誘いを受け、発足会の場で早速入会されました。それは偶然にも、吹田市から豊中市新千里東町に引っ越しをされた時期でもあったようです。

「新千里東町のこぼれび通りに短く切った竹竿を置いています。通りすがりの人に持って帰って貰うためです。そこには、希望のサイズなど要望書を投函するための竹筒があるのですが、その中に100円入っていたり、作業しているとドーナツの差し入れがあったり。“きれいになったね”と声をかけられた時はやはりうれしいですね」

2004年10月から武藤さんが代表をつとめるようになりました。「代表がもっとリーダーシップを発揮して欲しいという声もあるんですが、私は“会員みんなが代表”という気持で臨んでいます」。会の運営は、月1回の常任幹事会を開催し、話し合っています。合議制ですべてのことを決めていきます。

「この会はあくまでボランティアのひとたちのグループです。おそらく平均年齢も65〜6歳でしょう。みなさんそれぞれこれまでの人生を築かれた経験と確固とした人生感の持ち主ばかりです。現場でも適宜に周りを見ながら行動されています。会としては怪我のないよう無理なく、愉しく継続して貰うこと、そうすれば自然と会は存続して行くと思っています」

現在は、竹林での間伐作業や清掃、施肥といった竹林管理の他、竹炭や竹酢液づくり、竹製の花器、昆虫、雛人形づくりなどの竹細工創作教室なども行っています。竹林管理の公園は吹田市の桃山公園を、豊中市からは東町公園を委託されました。実績を評価されたようで、今年は桃山公園が筍堀りを市民に提供する場所となりました。東町公園では市の介護施設に筍を提供していましたが、公園全体の整備管理の委託も受けるようになりました。「市民の方に自分達の財産と思ってもらえるような公園づくりをやっていきたいですね」。

竹細工は、東丘コミュニティルームで女性の高齢者を中心に定期的に月2回開催しています。さらに会員の方が中心となり東丘小学校校区地域では子どもむけの教室も開催しています。


地道な活動と楽しさをもつ行事の両輪で進めたい

武藤さんが57歳で会社を早期退職したのは6年前。ちょうど介護保険制度がスタートするときでした。もしも病弱な妻が倒れたら、自分が面倒を看なければならないという殊勝な思いもあり、ヘルパーの勉強を始めました。自閉症の子どもがスクールバスから自宅まで歩いて帰る付き添いをしたり、配食ボランティアや市民活動を支援する団体に参加したり、様々な地域活動にも関わるきっかけとなりました。


竹加工品の作成中

その配食の弁当を届ける際に気になっていたことがありました。それは手入れされずに放任された庭が多いことでした。ガーデニングの勉強もしていたこともあり、そこで出会った仲間たちと、戸建住宅やマンションなどの庭の剪定をするNPO団体も立ち上げて活動を始めました。今では200名以上の会員を有する団体となっています。竹の会のことも、そんな市民活動に関わる中で知りました。

「最近は、テレビや新聞に取り上げられた影響もあって、新会員の加入者もあります。今後、団塊世代の参加も期待されます」

地域の人、特に若い世代の人達に参加してもらいたいという思いから様々なイベントにも参加しています。その中でも竹のおみこしづくりは珍しいということで、親子づれ、幼児、小学生などにも喜ばれました。行政からも竹文化の一翼を担っていると評価を受けているとのこと。また、地元の北千里高校の竹炭焼きの活動に協力することから始まり、校庭の花壇づくりや打ち水行事など学校行事にも関わるようになっています。

「設立から半年で100名を超えたときは、地域の人の関心の高さを感じました。今後は、地道な竹林管理などの活動と、楽しさをもつ行事を両輪にして進んでいきたいですね。そして、千里ニュータウン各地区に竹の会ができて、千里の緑地を自分たちで管理し、守れるようにしていきたい」

竹林は手入れをすればとても美しいですが、人の手が入らなければ林や森の生態系を崩していく存在でもあります。美しい千里の竹林づくりは住民の手にかかっています。
     

●組織概要●
代表者:武藤正治    設立:2003年
住所:〒560-0082 豊中市新千里東町2-5-25-1214
TEL:06-6835-4740     FAX:06-6835-4740
E-mail:mail@kizuna-toyonaka.or.jp (きずな事務局メール気付)

     
 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク