<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

  【豊中市内の市民活動・CB紹介】 イタリア生活文化交流協会


トップ > 豊中市内の市民活動・CB紹介 > サビーナ

 

人間として幸せに生きること、“個人の尊厳”を奪わないことが大切です 。

          松本城洲夫さん/イタリア生活文化交流協会(サビーナ)副会長
          谷川千佳さん/                  会員


 食文化や音楽、歴史、スローフードやスローライフ運動、アグリツーリズムなど、日本でも広く紹介されているイタリアの文化。「これまでは、そういったイタリアの個別文化の表層だけに関心がありました。しかし、その根っこには、イタリア人の人生観や人間観があるのです。地域の人たちにサビーナに関わってもらい、イタリアのこうした文化にもっと深く関われるようになればと思っています」と語るのは副会長の松本さん。
 イタリア生活文化交流協会(サビーナ)は、イタリアの人々との生活文化の交流をすすめることによって、お互いを個人として尊重しあえるような地域コミュニティーづくりに貢献する目的で設立された団体で、イタリアから世界的な音楽家を招聘してのコンサート活動の他、イタリア語学教室や料理教室、音楽家養成講座、銀粘土制作講座、木彫り講座などの文化講座づくりを通して、身近にイタリア文化を学べるきっかけづくりを行っています。

「自由」「個人」「社会」「正義」「モラル」

 サビーナを設立したのは2004年のこと。地域のコミュニティづくりの一環として、地域協議会、行政、専門コンサルタントなどが参加する「地域活性化調査委員会」を実施してきたことがきっかけです。同年の「大阪府先導的CB(コミュニティ・ビジネス)創出支援対象事業」にも採択されました。

 「イタリアでは、子どもに“責任感の強い大人、自立した精神を育てる”そして、“自由が大事”と教えます。子どもにモラルを教え、そして10歳位から自立心を育てる。“自由”は日本ではき違えられていますが、“わがまま”とは違います。ひとりひとりの自由のなかに、自分の自由もある。そして、自由は他人の尊厳や自由を害しないということ。それらを子どもに教えています。



谷川さん(左)と松本さん(右)

 

 サビーナで「自由」「個人」「社会」「正義」「モラル」を学び、それを土台にしながら、地域にもいい影響を与えたいとのこと。

      「迷惑をかけるというと、“世間”を向いているよね。“この場でこんな発言したら場の雰囲気をこわしてしまうから、やめておこう”とか“親戚に迷惑かかるから、そういうことはやめて”とか。自由を押さえつけている。そうじゃなくて、人間として幸せに生きたいという“個人の尊厳”を奪わないことです。暴力をふるったり他人の自由を侵害したり傷つけたりすることを許さないこと。それが大切だと思っています。他人の自由も認める。そして、みんなのものを自分のもののように使わないというモラルも大切です」

イタリア家庭料理教室の様子

自分が変わらないとわからない

 事務局員の谷川さんが松本さんと知り合ったのは2002年のこと。「姉が音楽の仕事で松本さんと知り合ったんです。松本さんと一緒にイタリアへ行ってから彼女の音楽が変わりました。3年前、姉に“イタリアへ一緒に行こう”と誘われて、2年前にも行って。そして、松本さんと色んな話をして、現地で私たちを受入れてくれたディエゴ一家と過ごして、“なんでこんなに楽なの?”“なんでこんなに居心地がいいの?”と思いました」

 サビーナ立上げに際して、事務局員として働くことを松本さんから誘われました。自身もチェロを学ぶ谷川さんは「どうやって生きるか、どうやって人と向き合うかが音楽をするのに大事」と言われたとのこと。「例えば大きな企業で働くと、利益優先で“ひと”としてみてくれない。人間関係を気にして意見を言えなかったりします。サビーナではそれがないんです。松本さんをはじめ、代表の福島さんなど価値観が違う人がいっぱいいて、どうやってコミュニケーションをとるか、すごく考えました。今まで私にとって“仕事”とはお金を稼いだり技術を習得することが目的でしたから。それが自分のプラスになると思っていた。けれど、サビーナで働くようになって、もっと大切なものを得ています。それは“自分が変わらないとわからない”“問題を解決しないとわからない”ということなのだと思います」

 地方分権・地域主義をベースにしたイタリア都市との生活文化交流事業を軸に、蛍池地域で生活文化の協働ネットワークをひろげ、特色ある仕事づくり・まちづくりにつなげていきたいとのこと。その精神が市民によるまちづくりに活かされて行くことが期待されます。


     

●組織概要●
代表者/福島智子     活動開始/2004年
住所/〒560-0033 豊中市蛍池中町3-9-20 とよなかインキュベーションセンター4階−F
TEL/ 06-6844-8787    FAX/ 06-6844-8788    
E-mail/      URL/ http://www.sabina-net.jp/

     
 



 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク