<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

  【豊中市内の市民活動・CB紹介】 ほがらか

トップ > 豊中市内の市民活動・CB紹介 > ほがらか

 

ヘルパーの資格は、本当は必要ないと思っているんです

           黒田三四郎さん/特定非営利活動法人ほがらか(前理事長


「サラリーマンを30年やっていたんですよ。勤務先が豊中だったから、ここで活動を始めましたが、基本的には外部の人間ですから、同業者の中ではかなり異質な存在だと思います」と語るのは(前)理事長の黒田さん。

介護保険、身体障害者居宅介護、知的障害者居宅介護などの制度で高齢者や障害者などの社会的弱者が、地域や家庭で生活していく上での入浴介助や移動介助などの身体介護、買い物や料理などの生活支援など介護を行うヘルパー派遣を行っています。また、介護保険や支援費制度でのヘルパー派遣以外にも、ボランティアで庭の草むしりや犬の散歩など利用者の希望に応じた支援も行っています。


(前)理事長の黒田三四郎さん

ほがらかな笑顔で毎日を過ごす

黒田さんが「ほがらか」の活動を始めたのは2003年のこと。自らが障害者となり、リストラにあって会社を退職したことがきっかけでした。再就職の先を探しましたがなかなか見つかりませんでした。「それならば、同じような状況にある人と一緒に働ける環境を作ろうと思ったんです」。

当初は介護保険事業をメインに準備を開始。一般的には、ケアマネージャーは営業マンになっていて、お客さまに喜んでもらうサービスができない状態にありました。また、ケアマネージャーだけの事業所では経営的にも存続が難しいことから、ヘルパー事業所も合わせて開設し、ヘルパー事業の利益でケアマネージャーに給料を支払うところがほとんどでした。「それで自分たち本来の仕事とは何かということを考えたんです。“利用者に喜んで欲しい”これに特化しようと思いました」。また、利益の追求だけでなく、ひとりでも多くのお客さまに喜んでもらいたいという思いから、NPO法人を立ち上げることにしました。

「のんびり準備をやっていたら、いざ事業を始めると利用者が1人だったんです。それから慌てて営業を始めました」。しかし、広告や宣伝は一切しません。「利用者もスタッフも“ほがらかな笑顔の毎日を過ごす”ことに努めたんです」。受け入れが困難な利用者を積極的に受け入れました。そのことが利用者の評判を呼び、さらにケアマネージャーにも評価されるようになったと言います。それが口こみで広がっていきました。その後、利用者の要望で支援費制度での提供も開始。障害者の居宅介護も始めることになりました。

三方一両得

サラリーマン一筋だった黒田さんにとって、長年にわたって市民活動をやってきた人とのギャップは少なからずあったと言います。「言葉が通じないと感じたこともあります。組織に属していれば、組織のやり方に従うものだと思っていましたから。それから、市民団体同士が横に繋がりにくいですね。行政が縦割りだと言いますが、市民活動は個人割りなのではないでしょうか」。

ユーモアの中にも厳しさを忘れない視点は事業の中にも活かされています。「ほがらかの方針は、問題が起こったら代表者が謝るということ。要望があれば、法律で定められたヘルパー派遣の項目以外のことでも“ほがらかに”ボランティアで対処するということです」

 


職員研修のひとこま

お気に入りの言葉は「三方一両損」ではなく、利用者、ヘルパー、事業所がともに1つずつ得をするという意味で「三方一両得」。ヘルパーさんの働いた対価(給料)が十分あると、ヘルパーさんはほがらかに利用者に接することができる。そうすると利用者もほがらかになる。さらに利用者が増える。すると事業所もほがらかになる−というものです。

 今後の取り組みとして考えているのは、地域活動の場に団魂の世代が社会参画できる場を作っていくこと。「ヘルパーの資格は、本当は必要ないと思っているんですよ。身体介護以外の介護の中心は炊事や洗濯などの家事ですから、高いお金を払って資格をとる必要はない」。得られるお金は少ないかもしれないけれど、やりがいを持って働く場を提供していくことは、社会全体としても検討していくべきだと言います。

「障害のある人もない人も、地域でともに暮らしていく社会こそが、当たり前の人間の社会」というノーマライゼーション社会の実現が最終的な目的であるという黒田さん。モットーは「自分らしく」あること。そして何より「自分が楽しむ」こと。すべての人が自分らしく生きてける社会の実現の原点を、黒田さん自身の中に見つけたような気がしました。

●組織概要●
代表者/大P蓮二(理事長)    設立/2003年 
住所/〒561-0851 豊中市服部元町1-6-11-401
TEL/06-6862-5816   FAX/06-6862-5817   E-mail/mail@npo-hogaraka.jp
URL/http://www.npo-hogaraka.jp/

 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク