<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 


     バイオ禅問答


ふわり か ヨコヤマ か...
  気鋭のバイオベンチャー(株)アイワークス・社長ヨコヤマに
  ふわりが鋭く切り込む



(編集部)
このコーナーは、バイオについて詳しい人も、詳しくない人も、勉強したい人も、バイオなんかきらいっ、て言う人もぜひ、お読みください。
バイオベンチャー社長のヨコヤマがふわりちゃんの質問に答えます。



第5
回 研究者と起業家



前回<  目次  >次回


(ふわり)
  ヨコヤマさんは研究もされているのですよね。
  
研究者としてのヨコヤマさんと、起業家としてのヨコヤマさんは、どう違いますか?

(ヨコヤマ)
  あらためて考えてみると、あまりその違いは意識してないですね。

(ふわり)
  そうなんですか?

(ヨコヤマ)
  まず、僕自身がおそらく研究室内で一番勉強しないといけない立場というかレベルなので、
   「研究者」などとおこがましくって言えません。
  先生や学生さんからいろいろ教えていただいて、またちょろっと学部生の講義で実験の実習が
  あれば混ぜてもらって(…これは内緒にせねばならぬのであろうか- -;)
  あと、たまにゼミでの発表を聴いて勉強したり。
  研究室の旅行に参加し、さらに飲み会はほぼ全参加っと。

  おぉ、あらためて書いてみると、この歳にしてけっこう
  恵まれた環境にいますね。

(ふわり)
  うらやましい!(難しい研究を除いて・・・)
  大学生活をエンジョイ(古い)されてるんですね!



(ヨコヤマ)
   いや、そうは言っても僕の場合、研究室で行うことがそのまま収益を上げること、
  
すなわち事業に結びついています
  ですから、その意味でも研究者と起業家という間に区別はあまりない感じです。

(ふわり)
  ふーん

(ヨコヤマ) 
  むしろ、僕は当然基礎的な研究などをやっているわけではないので、
  いわゆる学問の世界で真理を探究するという研究者の方々(先生方)と、
  自分は違うんだという意識のほうが強いかもしれません。

(ふわり)
  そんなに違いますか?

(ヨコヤマ)  
  僕はあくまで、先生方が見つけた真理を産業界に渡していく部分を担っているのだと
  思います。そうですねぇ、あえて名づけると、「研究事業家」なんちゃって。

(ふわり)
  なんかカッコイイ!
  では、




             「ヨコヤマさんにとって研究事業家の心構えとは?」




(ヨコヤマ)



          「お客様に決して『全くできません』とは言わない。

          でも、学徒として絶対にウソはつかない」





      (ここで、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』のエンディングテーマが流れる♪)


(ヨコヤマ)
    一見矛盾するかのような二者の両立をはかっていくのが、
   プロフェッショナルな研究事業家だと思ってます。

(ふわり)
   そしてヨコヤマは今日も研究室に向かう。次回もヨコヤマさんの仕事に密着します。


   (続く)

  

回答:ヨコヤマさん((株)アイワークス 横山拓也さん)

   ヨコヤマさんは、(株)アイワークス代表の、横山拓也さんのキャラクターです。

   (株)アイワークスは、細胞研究の実験機器等の開発や受託研究を行う

   バイオベンチャー企業です。 とよなかインキュベーションセンター会員企業。

    ホームページ

質問・イラスト:ふわりちゃん(メッセージオフィスFuwari 五寳美奈子さん)

    ふわりちゃんは、メッセージオフィスFuwari代表の五寳美奈子さんのキャラクター

    です。メッセージオフィスFuwariは、自分の想いをメッセージというカタチにする


    お手伝いをしています。とよなかインキュベーションセンター会員企業。

     →ホームページ



前回<  目次  >次回

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク