[OB訪問] M*create(エムクリエイト)  長峰弘子さん

当センターを卒業して半年余り。西緑丘のマンションの一室で活動するM*createの長峰弘子さんを奥田IMと一緒に訪ねました。(入居時の記事はこちら)
長峰さんの仕事場は、大阪モノレールの少路駅を降り、10分ほど坂道を上ったところにあります。風の強い日で、向かい風にあおられながらの訪問でした。玄関のチャイムを押すと、変わりない様子の長峰さんが明るく出迎えてくれました。

■ ホームページの仕事を中心に活動中
卒業後は、クライアントさんのご紹介で、他のデザイナーさんと事務所をシェアしています。ごく普通のマンションの一室で、中央に飾り気のないキッチン付き共用スペースがあり、右手のドアを開けると長峰さんたちの仕事場があります。
現在は土地調査・コンサルティング会社などホームページの仕事をメインに行っておられます。卒業後の2ヶ月は非常に忙しく、終わった後はしばらく抜け殻のようだったそうですが、今は元気にお仕事をされています。
ホームページの仕事には多くのスキルが求められます(長峰さんはもともと紙媒体のデザインが中心)。デザインのほかにフラッシュやPHP、システム、コーディングなど、ホームページはずっと勉強です。自分にできない部分は、人のつながりも必要です。長峰さんはここを拠点に仕事をもらい、奈良や京都や岡山に住む主婦など知人とネットで打合せをしながら仕事をしています。
ホームページ以外では、東日本のバス会社の時刻表をデザインする仕事、ある一家の家系図をつくる仕事、ちりめん・しらすの商品ラベルデザイン、ケーキ屋さんの広告デザイン、寿司屋さんのプライス表デザインなどを手がけてきたそうです。基本的なスタンスとして、人の紹介で仕事をしているとのことです。「”イラストが昭和の香りがする”と言われるんです」と笑っておられました。

■ ネットワークでウェブ制作の仕事をしたい
今の長峰さんは常に仕事を待機している状態です。今の状態はいつまでも続かないと考えているので、ウェブのコンサルティングやディレクターの仕事に移っていった方がいいと考えています。
「東京ではウェブの仕事は分業が進んでいて、仕事のときだけ集まるネットワークがあります。私も個人でやっているデザイナー、ウェブ制作者と知り合い、ネットワークで仕事をしていきたいと思っています。」
仲間を見つけるため、セミナーや異業種交流会に積極的に参加して、いろんな人に会っているそうです。「まだ懇親会の場には慣れてないんですけど。」

■ インキュベーションセンターでは業種にかかわらないつながりをつくる
現在の会員起業家の皆さんへのアドバイスを求めると、「業種にかかわらず、いろんなつながりをつくるといいと思います。たくさん話すこと。」とのこと。
「そのための第一歩として、異業種交流会に出てみることも方法です。そういう場に出ると、ベテランの人ほど勉強家で、積極的で、行動的だということが分かります。
インキュベーションセンターでも行動が大事です。」

それを最近、実感されているようです。
お忙しいところありがとうございました。
またインキュベーションセンターのイベントにも顔を出して下さいね。

2009.11.2取材 濱名
 ※長峰さんは2010年4月7日に事務所を移転されました。